ゲームアプリ

ドラゴンとガールズ交響曲は中国のゲーム?配信元は?人気と評価まとめ

ドラゴンとガールズ交響曲』は、美少女となった偉人たちを編成し、ドラゴンや魔物の討伐に挑戦する美少女放置育成RPG

ストーリーはほんど存在せず、UIもスキルも複雑なものはなく非常にシンプル。戦闘は、レア度よりも5人のキャラの属性と陣形組み合わせが重要となります。

数時間に一回ログインしてちょこっと経験値を与え、毎日少しずつ放置で育成していきましょう。

可愛い女の子とわかりやすいゲーム性が魅力ですし、今ならログボ2日目と5日目にSSRが貰えます。

  1. キャラが可愛いシンプルな放置系ゲーム
  2. 放置中もクエスト進行!1日20分で遊べる
  3. 会話やプレゼントで好きなキャラの好感度が上げれる
  4. マイペースに長く遊べる!

そんなドラゴントガールズ交響曲の配信元は中国?ということと、そしてその会社の情報についてご紹介したいと思います。

ドラゴンとガールズ交響曲はこちら

ドラゴンとガールズ交響曲とは?

ドラガルズ無課金!最強キャラランキング! | 無課金王国
配信日 2020年10月12日リリース
運営 SINCETIMES HK SCIENCE COMPANY LIMITED
ジャンル 放置型RPG

ドラゴンとガールズ交響曲はスマホゲームソフトです!

『ドラゴンとガールズ交響曲』は、歴史上の人物が「ハントレス少女」として登場する放置系RPG。栄光あるハントレス少女たちが、巨竜から文明と希望を守り抜く物語!

『ドラゴン&ガールズ交響曲(ドラガルズ)』は、戦国や神話など様々な偉人たちが美少女となって登場する放置系育成ゲームですので、戦闘以外でも勝手に戦ってくれています。

放置し続けても楽しめることも大人気のゲームとなっています。

タップをしたときの反応もさまざま。好感度を上げることで新しいイラストやボイス、ストーリーなどが開放されます。

お気に入りのハントレス少女と楽しい時間を過ごしましょう。

ドラゴンとガールズ交響曲はこちら

ドラゴンとガールズ交響曲の会社について!中国のゲーム?

ドラゴンとガールズ交響曲(通称ドラガルズ)は、置系美少女RPGです。

結論から言うと、ドラガルズは、中国系の会社によるゲームです。

このゲームの制作元を調べたところ「Blustar games limited」という会社となります。

日本の会社ではないのですが、中国系の会社であり、調べる限りは台湾の会社だと思います。

そして配信は中国のSINCETIMESという会社になっています。

ドラガルズの製作元の会社はどんな会社?

ドラガルズの制作元を確認してみると、Blustar games limitedとありますが、スマホゲームは、日本の有名メーカーが作っていることもありますが、海外メーカーが作っていることは珍しくありません。

このサイトでも紹介している「放置少女」は、C4games(有爱互娱)という会社が制作しています。

放置少女は中国産のアプリだからヤバい?人気の理由と中国の会社なの?放置少女というゲームを知っていますか? そのゲームの開発元は、C4games(有爱互娱)。 日本支社はFightSong株式...

スマホゲームは様々なメーカーが乱立しているのです。

C4gamesのゲームは海外の各国で人気で、売り上げトップの日本版アプリですので、安心して遊ぶことができると言えます。

ゲームタイトル 会社名
荒野行動-スマホ版バトロワ NetEase Game
AFK アリーナ Lilith Games
アズールレーン Yostar.Inc
天下布武〜英雄たちの咆哮〜 Bekko.com
三国志ブラスト-少年ヒーローズ YOOZOO Inc.
放置少女 ~百花繚乱の萌姫たち C4games
Identity V 第五人格 NetEase Games
アークナイツ Yostar.Inc
魔剣伝説 4399en games

実はこのように、中国産のアプリはたくさんあります。

そしてBlustar games limitedは聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、大体が若いスマホアプリ会社です。

  • ドラゴンとガールズ交響曲
  • 戦艦帝国-228艘の実在戦艦を集めろ
  • 掌門太忙:我的大雍男神們

こちらのドラガルズの制作元のBlustar games limitedは他にもゲームを発売していますが、広告などをチェックしてみると台湾の会社であると推測します。

ドラガルズの配信元は安心!サービス終了の心配もない

ドラガルズの配信元は中国北京のSINCETIMES(北京華清飛揚網絡)となります。

こちらはBlustar games limitedと異なっているのですが、このように、スマホゲームアプリによっては、製作元と配信元が異なるという事も結構あります。

中国本土の会社が配信をしており、台湾の会社が制作している…ということも結構あるのです。

もちろん、これら中国ゲームアプリが日本で廃止や規制されるという事実や情報は今のところないですし、Twitterでも、日本語で最新情報が更新されています。

ドラゴンとガールズ交響曲は日本人プレイヤーの間でも話題で、人気のアプリですし安心して遊べると思っておいて良いですね。

ドラゴンとガールズ交響曲はこちら

まとめ

この記事では、ドラガルズの制作元は中国なの?ということについてとゲームについて詳しくご紹介しました。

戦略性も深いながら、かわいいキャラたちとドキドキも楽しめちゃいます!

Blustar games limitedは、中国系の会社ですが、台湾の会社になります。

製作元:Blustar games limited(台湾)

配信元:SINCETIMES(中国)

本作はハントレスと呼ばれる美少女たちがドラゴンと戦っていく世界を舞台とした放置系育成RPG。

もちろん、これら中国ゲームアプリが日本で廃止や規制されるという事実や情報は今のところないですし、是非試してみてくださいね。

ドラゴンとガールズ交響曲はこちら